デパスとは

デパスとは、抗不安薬などに使用される、心の安定をはかる薬の呼称です。

脳のリラックスを感じるBZD受容体という細胞と結合し、リラックス神経を活性化させることで不安や緊張を緩和し、高ぶっている気分を落ち着かせてくれる効果 があります。

効き目は軽く、素早く効いていきます。

うつ病などの心の病にはをはじめ、何かしらの原因で体に不調が現れる心身症などにも使用されます。

心身症とは、精神的な負担や自律神経の乱れがもたらす体の不調のことを指します。
例えば、緊張で血圧が異常に高くなったり、おなかを壊してしまったり、動悸が激しくなるなどの症状で知られます。
また、女性の場合ではひどい月経トラブルを引き起こすこともあります。

更に、この薬には筋肉を柔らかくする効果も持っているので、緊張型頭痛や肩こりや腰痛などにも使用されることもあります。

また、女性の更年期障害によるイライラの緩和などにも効果が高いです。

デパスは副作用が少なく安全性が高いです。このようにさまざまな症状を改善するために使用されます。

デパスは、1984年に発売されました。
発売から30年以上が経った今でも人気が高く精神安定剤系統の薬の中では非常にポピュラーな薬で、発売されて以降ずっと市場の売り上げ一位を 誇っています。

今ではジェネリック医薬品として、セデコパン、エチドラール、アロファルム等なんと10種類以上の同じ効果の薬が存在しています。

これほど多くのジェネリック医薬品が販売されている薬はそうはありません。
これだけ多くのメーカーが同じものを作りたがるという点からも、デパスの効果の高さと安全性が推し量れます。

さらに良いことに、デパスは「早く効いてすぐに抜ける」という特徴を持ちます。
精神安定剤系統の薬の中でも短時間型と呼ばれる種類に分類され、服用後10~30分で効果が現れ、4~6時間効果が持続したのち速やかに体外へ排 出されます。
そのため一時的な症状を緩和するのに向いており、必要以上に薬に依存する事態を避けることが可能です。

副作用の症状としては、まれに眠気やふらつきを感じる場合があります。
症状が現れたとしても、非常に軽微なものだとされているので、過度に心配することはありません。
万が一こう言った症状が現れ、長く続くようなことがあれば医師に相談することが大切です。

用法や用量を正しく守って使えば、非常に助けになるお薬です。

最近はインターネットを利用した通販サイトでも販売されているのも見かけます。
医者に行かなくても購入できるのはとても便利です。

心身の不調で悩んでいる人は是非一度試してみることをオススメします。

デパス通販ならお薬なび


デパスの有効成分

デパスは有効成分はエチゾラムとなります。エチゾラムはチエノジアゼピン系分類され、ベンゾジアゼピン系に似た働きを持ちます。神経伝達物質のGABAの働きを強めることで抗不安効果や睡眠導入剤としても効果があります。

デパスの作用・効果効能

チエノジアゼピン系(thienodiazepine)という部類に入るデパスというお薬は、精神的な不安を抑制、あるいは消失するために造られた抗不安薬(Minortranquilizer)の一つですが、そのお薬の副作用である眠気を催すという副作用を利用して、不眠症の患者や良く眠れない場合に頓服として医師から処方されることもあります。

その他では、手術を行う前の緊張緩和のために使用されることもある様です。

デパスの薬理作用は、シナプス(Synapse)という神経細胞のレーダーの様なものを作り、別の神経細胞かの刺激をレシーブする側の細胞に存在する、ギャバというガンマアミノ酸というものの一つで神経伝達物質の流れを良くする受容体(BZD受容体)に結合させると、神経細胞の全体の興奮を抑えることにより、効果を生みます。

お薬の効果は個人差はありますが鬱病等で不安症状が出たとすれば、服薬してから短時間で効果が出て来るので、不安が抑えられ不安感が和らぎます。

それは、主要成分のエチゾラムが短時間で血中に溶け込むからで、効果の作用する時間は5時間前後から6時間前後であります。

また、そのお薬は0.25ミリグラム錠・0.5ミリグラム錠・1ミリグラム錠・細粒1%が、薬品メーカーから発売されていますが一般的には0.5ミリグラムが処方されることが多い模様です。

日本では服薬出来る量は決まっており、1日3ミリグラム迄とされているので、0.25ミリグラム錠であれば12錠まで・0.5ミリグラム錠であれば6錠まで・1ミリグラム錠であれば3錠までということになります。

デパスが処方される疾患としては次の病気が挙げられます。

★不安やイライラ感等の症状やあるいは肩こり等の身体にも影響が発生することがあるうつ病

★突然起こる激しい複数の自律神経発作(息苦しさ・身体の震え・呼吸困難・冷感や熱感・頻脈等)の複数の症状が同時に生じ、強い不安感を生じるパニック障害

★眠れない、夜中に目がさえてしまう等の不眠症

★慢性的な不安やイライラ等の症状と肩こりや疲労感等と共に、常に過度の不安や心配が続くという全般性不安障害

★精神的な緊張やストレス等の原因で過敏性腸症候群・神経性胃炎・不整脈等の症状がある心身症

★ひどい肩こり・腰痛症・頸椎症・手足の痙攣等

この抗不安薬は定期的にメンタルクリニックに通院していたとしても、1回に1ヶ月分の30錠迄しか処方してはいけないルールになっているので、注意が必要になります。

一般的に一日3ミリグラムまで毎日服用する場合は、デパスより強いお薬が処方されることが一般的なので、主治医に伝えれば適切なお薬が追加され、デパスの服薬の頻度を減らすという方法が採られるでしょう。

デパス服用で緩和できる諸症状

デパスはおもに抗不安薬として使用される薬ですが、それ以外にも様々な症状を緩和してくれる効果のある薬となっています。
今回はどのような症状にデパスが有効なのかなどをご紹介していくので、当てはまる症状で悩んでいる方は参考にしてください。

まずは効果があるとされる症状をまとめておきます。

・不安神経症
・うつ病
・心身症
・不安障害
・自律神経失調症
・更年期障害
・不眠症
・統合失調症
・躁病
・緊張型頭痛
・頚椎症
・腰痛症
・痙攣症
・肩こり


などです。

デパスの主な使い方としては不安な気持ちが強い時に使うことが多いです。

パニック障害を持っている場合に発作が出た時に使う、電車に乗ると不安になってしまう場合に使う、あがり症の方が会議の前に使う、大勢での食事で緊張してしまう場合に使う、というように使います。

これらの症状に使える以外にも筋肉を緩くする力と眠くする力も持っているため、肩が凝っている時や、頭がいたい時、眠れない時にも使うことが出来ます。

このように非常に多くの症状に対応できるのがデパスの魅力の一つです。

効果が出るまでにかかる時間は30分程度ですが、効果が一番強くなるには3時間かかります。
抑えたい症状にもよりますが、予め緊張することが分かっている場合であれば3時間前に飲んでも問題ありません。急な症状の場合でも30分程度で効果が出てくるので使っても大丈夫です。

使用する場合の注意点は服用する量です。
基本的には1回0,5mgの服用ですが、効果があまり出ない場合は1,0mgを、逆に効果が強いという場合は0,25mgなどにしてください。
少なくする場合は効果が出る範囲で減らして構わないのですが、効果が少ないからといって用量を増やすのはあまり良くありません。

何故かと言うと副作用が強くなってしまうからです。
不眠の際に利用するのであれば副作用はあまり気にしなくても構わないのですが、不安を抑える時に使う場合は、副作用として眠気が出てしまいます。
会議の前などに不安になるのを抑えるためにデパスを高い用量で服用してしまうと、肝心の会議中に眠くなってしまうことがあります。
それ以外にも依存してしまう可能性が高くなってしまうことも忘れないようにして下さい。

非常に使いやすく良い薬のデパスは病院で処方してもらう以外にも通販で購入することも可能です。

毎回通院するのが面倒な場合や、常にストックを持っておきたい場合などに通販で購入すると良いでしょう。
入手も簡単で効果も強い薬ですが、安易に頼りすぎたりせず、用法用量は守って利用するようにしてください。

通販サイトでデパス購入

デパスはどこで購入できる?通販(個人輸入)についてのお知らせ

デパスは不安を和らげたりする効果があり非常に人気の高い薬となっています。

精神を安定させるので、日頃のストレスが軽減されたり、不安が少なくなったりするため、不眠で悩んでいる方も使うことが多くなっています。

それ以外にも頭痛や肩こりなどで悩んでいる場合にも効果があるため、デパスを持っていれば色々な場面で使えるのです。

一見原因がバラバラに見えるこれらの症状ですが、心が原因となっていることが多くなっています。
そのためただ単に頭痛を治す薬を飲むよりも、根本から改善を試みるデパスが良いという方も多いようです。

精神疾患の方も服用する薬となっていることもあり、効果が出るまでの時間が短くなっていることも特徴の一つです。
効果が現れるまでに必要な時間は30分程度だと言われており、服用してからあまり待たずに効果が出てくるのです。

緊張状態をほぐす効果があるため、あがり症などの場合にも使いやすくなっています。そのため、あがり症の方が急な会議の前に服用すれば、いつもより緊張することなく会議に臨むことが出来ます。

主な使用例として、

・精神を安定させる不安を取り除く効果があることから更年期障害から来る苛々を和らげるために使われる

・興奮状態を抑える効果があることから不眠で悩んでいる方に使われる

・筋肉の緊張を和らげる効果があることから肩こりや腰痛にも使われる

・抑うつの効果もあるため、うつから来る不安や緊張に使われるなどがあります。

このように使い道も非常に多くなっていますが、毎日飲むよりはどうしても必要な時に飲むようにする方が良いでしょう。
効果が出るまでの時間が早いこともあり、毎日ベッドに入る前に飲むよりは、ベッドに入って30分経って不安な気持ちが出てきたら飲む、などの工夫をしましょう。

ただ飲み過ぎないようにとは言いましたが、辛い気持ちが続いている時や心が落ち込んでしまった時には我慢せずに飲むようにしましょう。
どんなに辛いと思っていても楽にしてくれるのがこの薬です。
乱用せずに使っていけば、辛いと感じている時に助けてくれて、精神や体の不調を取り除いてくれます。

インターネットの普及によりamazonや楽天などの通販サイトで薬やサプリメントをはじめ、様々な商品を自宅にいながらワンクリックで購入出来る時代になりました。

わざわざ病院に行かなくても購入ができる。24時間いつでも注文が可能。病院よりも値段が安い。診察を受けなくても薬を買える。などの理由から通販サイトを利用してデパスを購入していた方も多いかと思われます。

精神を落ち着けるために使っている場合などは、ストックも持っておきたいと思いますし、通販で気軽に買えるということで助かっていた方も大勢居られたかと思われます。

これまで当サイトではデパスの有用性や個人輸入の方法などをご紹介してきましたが、法改正により2016年の9月14日にデ パスの成分「エチゾラム」が向精神薬に指定され、処方の上限が30日分までとなりました。

また、デパス(エチゾラム)の輸入にも規制が入るため、実質個人間での輸入は禁止となります。またこれは、デパスの主 成分であるエチゾラムを含むすべての薬が該当するためエチラームなどのデパスジェネリックも同様です。

従ってデパスを購入するには、病院に出向き処方箋をもらうことでしか購入ができなくなりました。
こうなると、当サイトの管理人のように通販を利用してデパスを入手していた人にとって不安が募るばかりですが、安心し てください。確かにデパス(エチゾラム)は個人輸入禁止となりました。しかし同様の効果を持つ薬はまだまだ沢山あります。

そこで、管理人が試してみてこれはオススメだと思った代替えのお薬を紹介します。いずれも向精神薬には指定されていな いお薬なのでこれまで同様に通販で購入することが可能です。その際には安心して購入できる通販サイトの選択が重要となってきます。



デパスの代わりの薬

セディール バスパー ソナタ
セディール バスパー ソナタ

比較的新しい抗不安薬で、ややマイルドな作用ですが抗うつ効果もあり、安全性が高く副作用も少ないのが特徴です。

セディールの通販はこちら>>

うつ病や不眠症に効果があり、病院でも幅広く処方されるお薬です。特に動悸や緊張を伴う全般性不安障害の改善に有効です。

バスパーの通販はこちら>>

不眠症の治療に用いられることの多い鎮静・睡眠薬です。抗不安作用もあるためデパスの代替えとして注目されています。

ソナタの通販はこちら>>



デパスの服用方法

デパスは、チエノジアゼピン系に属するエチゾラムという物質から生成された薬で、主に人の神経症や睡眠障害等に功を奏します。

現代社会はストレスが多い社会でもあり、人間関係の未熟さや生まれ持つ環境等の事情で精神に異常を抱えるケースも多く、それを原因とした症状には不安、緊張、あせり、意欲が低下してふさぎこんでしまうという抑うつ状態を現代病に抱えることが多くなっています。

デパスは、そういった精神状態の人の神経系統に作用して改善するため、抗不安作用をもたらすのが主な特徴となります。

その他に鎮静作用、筋弛緩作用、睡眠作用、抗痙攣作用、自律神経調整作用を持っています。

服用すると即座に気分が和らいだり、イライラが収まったり、痛みを感じなくなったりして、楽になるのがメリットです。

使用される病気の症状としては、肩こり、神経衰弱症状、睡眠障害、パニック障害、心身症や高血圧症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛等で、それ以外でも様々な症状にも効果があるため、幅広い診療科でも使われている薬です。

特に心配事があると胃を傷めて胃潰瘍、十二指腸潰瘍にもなるため、その予防を行う上でも使用することも可能です。

副作用についても極めて少ないこともあるため、それでいながら薬理効果も高いことで短時間の即効性もあるので、上記の発作等を抑えるためにも服用されることも多い訳です。

デパスの服用方法で大事な点は、服用時間とその持続性です。

デパスは効き目が出てくるためには、摂取した後3時間ほどで薬効のピークを迎えた後に、6時間にかけて半減されていきます。

そして、薬剤成分の50%以上が体内より排出されることで、比較的に持続時間が短時間となっています。

従って、服用時間については、抱えている症状や年齢、体質等によって異なるため、医師や薬剤師の指示通りに服用することが必要です。

一日の服用の目安としては、3mgを超えると過剰摂取となるため、症状によって1mgを三回ほどの服用間隔を設けて服用することです。

なお比較的に服用されることが多い睡眠障害のケースにおいては、一日一回睡眠する1時間ほど前に服用します。

その薬の効果から眠気を引き起こすため、それを摂取してから6時間は、自動車の運転や危険作業を行わないことが注意事項の一つです。

そしてデパスは正しい用法を守らないと依存症、離脱症状、アレルギー症状等を引き起こします。

よって、個人判断で使用を中止したりすることはせず、医師の判断と定期検査を受けるようにします。

服用中にアルコールを併用せず、糖尿病や高血圧症等で他の薬を服用している場合では飲みあわせが問題となります。

これについても、医師の判断を仰いで服用することが肝要です。

デパスを服用できない人

デパスは様々な症状に使える薬で、使っている人も非常に多くなっています。

元々は抗不安薬として使われていたので、不安な気持ちがどうにもならない時などに服用されます。

それ以外にパニック障害の症状が見られた時、脳が興奮していて眠れない時、苛立って落ち着かない時などにも利用されます。

今回はこのデパスを服用しても大丈夫な人と、服用すると危険な人をご紹介していきます。

服用しても大丈夫な人はほとんどの人が大丈夫です。
何も問題がない時に服用しても意味が無いのでそういった状態であれば例外ですが、何か悩みを持っていてそれを解消したい時に使うのは構いません。

ではどのような人がデパスを服用してはいけないのでしょうか。
まず第一に飲酒する人です。
デパスなどの抗不安薬を使う場合は飲酒はしないべきなのです。併用してはいけない理由は両方共に似たような動きがあるからです。
同時に使うことで2つの効果が同時に働き、眠気がより酷くなったり注意力散漫になったり、判断を正しく出来なくなってしまいます。

デパスは不安を和らげる以外に、眠くなる力と筋肉を緩くする力があります。お酒も似た効果があり、酔っ払ったら真っ直ぐ歩けなくなったり、眠くなったりしますよね。
この近い効果が合わさることで効果が強くなってしまうことがあります。
眠気がいつまでたっても続いてしまったり、転倒する可能性が増えたり、集中力が落ちたり注意力散漫になってしまえば毎日の暮らしに悪影響が出てしまいます。

さらにお酒と一緒に服用していると、依存しやすくなってしまうことも明らかになっています。
デパスだけを用量を守って使っていれば依存することはほとんどないのですが、お酒も飲んでいるとお互いが作用してしまい血中濃度に影響し依存状態になりやすくなるのです。

お互いの力が影響しあってしまうことで、効果や効果時間にも影響が出てしまうことがあります。
求められている効果が出なくなったり、効果時間が短くなってしまったりすることで、せっかくデパスを飲んでいても思ったように治らなくなってしまうのです。

お酒と一緒に服用しない場合でも、元々薬に依存しやすい人も使い過ぎないように気を付けないといけません。
効果が高い薬なので、一度使ってしまうと依存しやすいというのも言われています。
あまり薬に頼らない人であれば問題ありませんが、依存しやすい人は注意して下さい。

使い勝手が良く、様々な症状に効果のある薬ですが、使い方や用量はきちんと守る必要があります。


通販サイトでデパス購入

デパスの依存性

デパスは精神の落ち着きを取り戻す効果がある薬として知られているのですが、それだけではありません。
それ以外の症状にも効果があります。眠れない夜に使える、緊張した際に使える、イライラが止まらない時に使える、肩こりの時に使える、など非常に複数の症状に対応出来る薬なのです。

このように効果が非常に優れていることもあり「依存しやすいんじゃないのか?」と思われる方もいるかもしれません。デパスは依存しやすいのか解説します。

抗うつ剤の中ではデパスは副作用等は少ない方で安全な薬となっていますが、やはり全く依存しないということはありません。

デパスを常に使用していると、身体に耐性が付いてきて効果が今までより出なくなることがあります。
そうなると用量を増やしたり、飲む回数を増やしたりしてしまうケースもあるかと思います。
このようなことを繰り返し行ってしまい徐々に依存してしまいます。

デパスを飲む機会を減らそうと考えた場合に、「嫌だな、難しいな」と感じることがあればもう依存している可能性があります。

また飲まなければ寝れないのではないか、ずっとイライラした状態が続くかもしれない、などと考えてしまって依存してしまっている可能性もあります。

気持ちを落ち着けるために飲んでいたデパスが、デパスがないことで落ち着かなくなるという状態になってしまうことは全く良くないです。

このような状態になるまで使い続けた場合、急に薬の服用を中止してしまうと体調不良などを引き起こす恐れがあります。

代表的な離脱症状としては下記のようなものが挙げられます。

・幻覚が見える

・妄想が激しくなる

・痙攣して発作が起きる

・せん妄状態になる

・意思とは関係なく体が細かく震える

・より眠れなくなるなどが確認されています。

離脱症状が見られる状態になると、デパスを急に止めるのは難しいです。
そのため、使うのを止めたくなった場合は、使う量や回数を徐々に減らして離脱症状を軽くしていく必要があります。
離脱症状が見られなくなってきたらもっと減らしていくようにしましょう。

イライラしている時や不安な気持ちが目立つ時、眠れない時などに非常に便利なデパスですが、今回ご紹介したような依存や離脱症状が見られる こともあります。
しかしこれは誰にでも起こるものではありません。使いすぎた場合や長く使いすぎた場合に起こります。

用法用量を守ることと、定期的に使用するのではなく本当に困ったときのみの利用に絞ればあまり起こらないものです。

デパスはその辺りは気を付け正しく使えば、高い効果がある本当に有り難い薬なのです。



通販サイトでデパス購入