デパスの代わりの薬一覧|その特徴と働き

デパスの代わりの薬


デパスの成分であるエチゾラムが、平成28年9月14より向精神薬に指定されました。それに伴ってデパスは個人輸入禁止となりました。
つまりデパスを手に入れるには病院で処方してもらうのみとなり、通販では購入することができくなったのです。

また成分にエチゾラムを含むエチラームなどのデパスのジェネリック医薬品も同様に個人輸入禁止となるので注意してください。
では、これまでデパスを通販で購入していた人はどうすれば良いのか?デパスと似たような効果・作用を持った薬を代用薬として使用するという方法があります。

その中でもデパスの代わりとして注目されている通販で購入できる薬を抗うつ薬、睡眠薬とその症状に効く薬別に分けて紹介したいと思います。



そもそもデパスはどのような薬だったの?


そもそもデパスとは、どのような薬だったのでしょうか。デパスは1984年に発売された抗不安薬です。ベンゾジアゼピン系に属し、その効果は不安感を和らげる抗不安作用だけではありません。睡眠障害催眠作用をはじめ、筋弛緩作用や抗けいれん作用など様々な効果を持つ薬です。

詳しくは「デパスとは|その人気の秘密を解説」ページにて解説していますので、こちらもあわせてご覧になってください。





デパスに代わりの抗うつ薬、抗不安薬


抗うつ薬とは、抑うつ気分や意欲低下などおもにうつ症状に使用される治療薬のことを指します。
デパスは厳密に言えば抗うつ薬ではありませんが、不安や緊張、イライラなどのうつ症状を改善効果があるため抗うつ薬としても使用されています。

また一口に抗うつ薬といっても、三環系や四環系、SSRI、SNRI、NaSSAなど様々な種類があります。
その中でもデパスの代用薬としてオススメの薬を紹介します。



セディール


セディール

セディールは、セロトニン1A受容体部分作動薬に分類される薬です。
デパスと同様に、不安な気持ちなどを改善する効果がある抗不安作用。意欲の低下や落ち込み、うつ状態などといった症状を改善する抗うつ作用を併せ持つ薬です。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬とは作用秩序が異なり、依存性や耐性が生じないとされています。また副作用も少ないためデパスに変わる安全性の高い薬として注目されています。



セディールの詳細はこちら>>


セディールの通販はこちら>>



バスパー(バスピン)


バスパー

バスパー(バスピン)は、非ベンゾジアゼピン系に属するセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬です。
脳内物質のセロトニンに作用し濃度を高めることで、不安障害や睡眠障害うつ症状を改善する薬です。
バスパーの特徴としては、比較的緩やかに効いていくということが挙げられます。よって、ゆっくりと時間をかけて無理をせず安全に治療をしたいという方に向いている薬です。



バスパーの詳細はこちら>>


バスパーの通販はこちら>>



イフェクサーXR


イフェクサー

イフェクサーXRは、海外で1993年発売が開始され多くの人に使用されている有名な抗うつ薬です。
日本ではようやく2015年に発売されました。SNRIに分類される抗うつ剤となっており、脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンなどに作用しうつ状態を改善します。
その抗うつ効果は長く続くことでも知られ、1日1回の服用で翌日まで効果が続きます。またイフェクサーXRは、うつ病に伴う頭痛や腰痛、肩の痛みなどの症状を緩和できる効果があることでも知られています。


イフェクサーXRの通販はこちら>>



レクサプロ


レクサプロ

レクサプロは、2011年にされた比較的新しいSSRIの抗うつ剤です。セロトニンを増やし、うつ症状や不安障害などを改善する効果があります。
他のSSRIと違い1週間程で効果を得られるため即効性に優れた薬です。また最大で30時間とその効果は長く続くので1日1回の服用で済むことも大きな特徴です。
半減期が長い為離脱症状も起こりにくく他の薬と比べ副作用も少ないことで知られています。
レクサプロは、その高い効果と安全性から医療の現場でも高い評価を得ており、世界で最も使われているSSRIの薬の1つとなっています。


レクサプロの通販はこちら>>



ジェイゾロフト


ジェイゾロフト

ジェイゾロフトはSSRIに分類される抗うつ剤です。主にうつやパニック障害、PTSDなどに効果があります。
また強迫性障害や躁うつ病、摂食障害などの症状を改善する補助薬としても使われます。
この薬の特徴としてはセディールなどと同様に安全性が高く、ゆっくり効いていくということです。よって最初に飲む抗うつ剤として向いている薬です。


ジェイゾロフトの通販はこちら>>



デパスの代わりの睡眠薬


デパスは不安感を改善するだけではなく、抗うつ効果や筋弛緩効果そして睡眠薬としての効果もあります。
うつ病を発症している方は同時に不眠症も患っているケースが多いです。デパスは短時間型に分類される薬のため、不安やストレスで眠れない眠りに入るまでに時間がかかるなどの入民障害の方に向いている薬です。

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系などの種類があり、大きく分けて4つのタイプに分類されます。

また作用時間によっても超短時間型~長時間型と分かれています。
このページでは主に作用時間が短く入眠障害に効く、通販購入が可能なデパスの代用薬を紹介します。



ルネスタ


ルネスタ

ルネスタは、デパスと同様に個人輸入が禁止となり通販で購入が出来なくなったアモバンを改良した薬としても有名です。
アモバンの大きな弱点でもあった苦味や副作用が改善され安全性が高い睡眠薬となっています。
ルネスタは超短時間型に分類される薬ですので、即効性に優れています。
よって「布団に入っても中々眠ることが出来ない、寝つきが悪い」といった主に入眠障害の方にオススメの睡眠薬です。


ルネスタの通販はこちら>>



ロゼレム


ロゼレム

ロゼレムとは2010年に発売された睡眠薬です。他の睡眠薬とは異なる作用秩序を持つことで知られています。 有効成分のラメルテオンは、眠りに関係している物質であるメラトニンと似たような作用を持っています。
服用することによってその量を増やし眠りを促します。
よって他の睡眠薬のように強制的に眠らせるのではなく、自然な眠りを引き出すため非常に安全性も高い薬となっています。


ロゼレムの通販はこちら>>



ハイプロン(ソナタジェネリック)


ソナタジェネリック

ハイプロン(ソナタジェネリック)は、デパスと同様に個人輸入が禁止され通販で購入ができなくなってしまったアモバンや、ポピュラーな睡眠薬であるマイスリー、ルネスタなどと同様に非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬です。

超短時間型の睡眠薬に分類され半減期が2~4時間程度となっているため即効性に優れています。
よってすぐに眠りたいという方にオススメの薬となっています。このことからも短時間型の睡眠薬として使用されるデパスから切り替えて飲む方も多いです。


ハイプロンの通販はこちら>>



デパスの代用薬を正しく選ぶ


デパスが個人輸入禁止となり通販で購入できなくなったため、これまで様々な理由があって通販で購入していた方はかなりお困りのことかと思います。

デパスの代用薬を選択の際には、その効果や副作用をしっかりと知っておくことがとても重要です。
このページで紹介した薬はすべて通販で購入することができますので是非参考にしてください。