抗不安薬とは|デパスの基礎知識

抗不安薬とは

抗不安薬とは、その名の通り過度の不安や緊張を改善させる薬のことです。ストレス社会と呼ばれる現代の日本では、様々な心の症状に悩む人が多く存在します。ちょっとしたことでも過度の不安や緊張を感じてしまう不安障害の人の場合、快適な日常生活を送ることもままなりません。

こういった症状を緩和させるために、抗不安薬は処方されるのです。このため、日常的によく見られるようなレベルの不安や緊張には、簡単に使用できません。例えば大勢の前での発表会、上司との打ち合わせ、相手の親への結婚報告など、緊張するけれどもよくあるパターンの場合は、処方してもらえないことがほとんどです。





抗不安薬の効果


おもに現在使用される抗不安薬としてはベンゾジアゼピン系に分類されるものが多いです。その他にはアザピロン系、SSRI系などがあります。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、GABAと呼ばれる中枢神経系を抑制する脳内神経伝達物質に作用することで、抗不安効果が得られます。
ベンゾジアゼピン系の他にセディールなどをはじめとするセロトニン1A受容体部分作動薬は、アザピロン系に分類されます。

ベンゾジアゼピン系はGABAに作用し抗不安効果を得られるのに対し、このアザピロン系の抗不安薬はセロトニンに作用し抗不安効果、抗うつ効果を得ることが出来ます。
また副作用や依存性などが少ないことでも知られており、高齢者の方も服用しやすい薬となっています。次に抗不安薬は、おもに不安を和らげる効果がある薬です。では具体的にはどのような症状に対して効果的なのか紹介します。



■抗不安薬が効果的な症状

・不安感

・緊張

・ストレス

・動悸

・めまい

・頭痛

・不眠

・胸の痛み(胸部圧迫感)

・恐怖感

・窒息感

・焦燥感

・パニック障害

・不安からくるうつ状態


このように抗不安薬は、不安から引き起こる様々な症状に効果があります。上記の通り不眠症に対しても効果があるため、睡眠薬としても処方されることがあります。


抗不安薬の種類


抗不安薬の種類について説明します。現在使われている抗不安薬としては、ベンゾジアゼピン系そしてアザピロン系などの薬が挙げられます。ここでは代表的な抗不安薬を簡単な説明とともに紹介します。


■デパス

デパス

デパスは、とても人気のあるベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。抗不安作用の他に筋弛緩作用や催眠作用、抗うつ作用と様々な効果を持っているため、様々な症状に対して処方されます。そのため、精神科や心療内科だけではなく内科などでも処方されます。



■セディール

セディール

セディールは、アザピロン系に分類されるセロトニン1A部分作動薬の抗不安薬です。不安や焦燥感、睡眠障害、うつ症状などに効果があります。この薬の大きな特徴としては、効果が緩やかに効いていくため依存性や耐性などといった生じず、また副作用が現れにくい安全性の高い薬となっています。

セディールの通販はこちら>>



■グランダキシン

グランダキシンは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。しかしその効果は非常に緩やかに効いていくため、自律神経調整薬として使用されることが多い薬です。またそのため副作用も少なく依存性する恐れが低いです。しかし催眠作用や筋弛緩作用は非常に弱いとされているので、これらの症状に対しての使用には向いていない薬だといえます。



■リーゼ

リーゼは、1979年に発売された抗不安薬で症状が軽い方に良く処方される薬です。よってその効果も弱いということなになりますが、症状が軽い方をはじめ安全な薬が良い方、依存井や副作用などが心配な方に向いている薬です。またリーゼは麻酔前投薬としても使用されています。



■コレミナール

コレミナールは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類される薬です。しかしこちらの薬も効果が弱い、消化管機能を改善する効果が強いなどのことから、主に消化管機能改善薬として使用されています。



■ワイパックス

ワイバックスは、他のものと比べると効き目の強い抗不安薬となります。発売されたのは1978年です。この薬の特徴としては、即効性があり抗不安作用が強いことです。しかし、効果が強いので副作用にも注意しなければならない薬です。また肝臓への負担が少ないことでも知られている他、抗てんかん作用ももっています。



■ソラナックス

ソラナックスは他の薬と比べ、副作用が軽くバランスのとれた抗不安薬です。そのためアメリカでは、最も処方されている抗不安薬ともいわれています。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類され、中程度の抗不安作用を持っていますが、その効果の強さの割りに副作用が軽いことからバランスが取れている抗不安薬といわれています。パニック障害や強迫神経症に対しても使われることがあります。



■コンスタン

コンスタンもソラナックスと同一の成分のアルプラゾラムを使用した抗不安薬です。そのため効果の強さや即効性、副作用の現れにくいなどの特徴があります。苦味がある薬のため噛み砕いて飲む方は注意が必要です。この薬は不安感が強い方に向いています。



■レキソタン

レキソタンは抗不安薬の中でも効果が強い薬です。この薬の特徴としては抗不安・筋弛緩作用が強く眠気が現れにくいことなどが挙げられます。しかしこれには個人差があるので注意してください。また効果が強い分、依存性には注意しなければなりません。



■メレックス

メレックスは長時間型に分類される抗不安薬です。よって作用時間がとても長く依存性が低い薬となっています。この薬のデメリットとしては、ふらつき眠気が多いとされていますので注意してください。



■リボトリール、ランドセン

リボトリール、ランドセンの2つの薬は、ベンゾジアゼピン系に属する抗不安薬です。しかしけいれんを抑える効果に優れているため、主に抗てんかん薬として使用されています。



■セルシン、ホリゾン

セルシンとホリゾンは、1964年に発売された歴史ある抗不安薬です。不安や緊張、けいれんを抑えるといった、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の作用をバランスよく持っているため今でもよく使用されています。



■セパゾン

セパゾンは、抗不安作用をしっかりと持った抗不安薬です。またそれ以外の催眠作用や、けいれんを抑える作用などは弱目となっているので、不安感だけをしっかり抑えたいという方に向いている薬です。



■メイラックス

メイラックスはやや強めの抗不安作用を持った作用時間の長い抗不安薬です。超長時間型に分類されます。そのため依存性が現れにくという特徴があります。しかし作用時間が長い分、眠気やふらつきといった副作用が翌朝まで残ってしまいやすいという危険性もあります。



■セダプラン

セダブランは、2012年まで販売されていた抗不安薬です。抗不安作用のほかに自律神経失調症やパニック障害などにも効果があります。



■レスタス

レスタスは、作用時間が長い抗不安薬です。個人差はありますが、服用から6時間で血中濃度が最高値になるためゆるかに効いていきます。



またこれらの抗不安薬は作用時間で分類することができます。


ベンゾジアゼピン系の抗不安薬

・短時間型(半減期が3~6時間程度、作用時間約5時間以内)
グランダキシン、デパス、リーゼ、コレミナール

・中時間型(半減期が12~20時間程度、作用時間5時間~10時間程度)
ワイパックス、ソラナックス、コンスタン、レキソタン

・長時間型(半減期が20~100時間程度、作用時間10時間~24時間程度)
メレックス、リボトリール、ランドセン、セルシン、ホリゾン、セパゾン

・超長時間型(半減期が100時間以上、作用時間24時間以上)
メイラックス、セダプラン、レスタス



アザピロン系の抗不安薬

・短時間型(半減期が3~6時間程度、作用時間約5時間以内)
セディール


抗不安薬を作用時間で分けるとこのような分類となっています。作用時間が短ければ短いほど、服用後の効果の発現が早く、その後も迅速に体内から排出されます。急に不安症状が襲ってくるパニック障害などには、効果が迅速なデパスなど短時間型が最適です。
また、不安症状が長時間持続するような状況では、体内の成分濃度を安定させるため、長時間型のものが良いでしょう。


抗不安薬の通販について


抗不安薬は病院のみならず通販でも購入することができます。通販で購入する際は信頼のおける通販サイトの選択や、ご自身で用法用量などを確認しなければならないなどの注意点はあります。しかし処方せんが不要で診察代などもかからず安く購入することが可能なことから、正しく選択すればかなりオススメの購入方法だといえます。

その中でもデパスはとても人気のある薬でした。しかし、向精神薬に指定されたため現在、通販では購入できなくなってしまいました。デパスの代用薬としては、このページでも紹介したセディールなどがありますので詳しくは下記のページを参考にしてみてください。


■参考:「デパスの代わりの薬一覧|その特徴と働き


抗不安薬の副作用について


抗不安薬の副作用としては次のようなものが挙げられますので、確認しておいてください。


■抗不安薬の代表的な副作用

・眠気

・離脱症状

・ふらつき

・依存性

・口が渇く

・便秘

・食欲不振

・倦怠感

・脱力感

上記のものはあくまでも代表的な副作用の症状となります。紹介したとおり抗不安薬には様々な種類があり、作用時間や効果には違いがあります。よって服用の際にはご自身が飲む抗不安薬の用法用量をしっかりと確認し服用するということが重要です。


抗不安薬のメリット


抗不安薬のメリットは、抗うつ薬と比較して効果がすぐに現れるという点です。特にデパスの場合、不安を感じてすぐに服用すれば、早ければ10分程度で効果を感じられます。

さらにその後4~6時間程度は効果が持続するので、短時間とは言えデパスも十分役立ってくれます。また、副作用についてはほとんど報告されておらず、多くの人が安心して使用できます。さらに、薬の種類が非常に多いので、自分の体質や病状に合うものを探しやすくなっています。パニック障害などの場合、普通に生活している中で、ふとした瞬間に強い不安感が襲ってきます。
こうなると、いつ発作が起こるのか、発作が起きたらどうしよう、とさらにネガティブな思考に陥ってしまい、外出や仕事もままならなくなります。
デパスなどの抗不安薬を使用すれば、そういった事態からも解放されるのです。適度な使用を心がけ、快適な毎日を過ごしましょう。