デパスの依存性

精神を落ち着かせる薬として知られているデパスですが、それ以外にもたくさんの効果があります。
眠れない夜に使える、緊張した際に使える、イライラが止まらない時に使える、肩こりの時に使える、など非常に複数の症状に対応出来る薬となっています。

効果が非常に優れていることもあり依存しやすいのではないかな、と疑ってしまうかもしれません。

今回はそんなデパスは依存しやすいのかどうかなどを解説していきます。

抗うつ剤の中ではデパスは副作用等は少ない方で安全な薬となっていますが、やはり全く依存しないということはありません。

デパスを常に使っていると、体に耐性が付いてきて効果が今までより出なくなってしまうことがあります。
そうなってくると用量を増やしたり、飲む回数を増加させたりしてしまうケースもあるかと思います。
これを繰り返し行ってしまうことで徐々に依存してしまうのです。

デパスを飲む機会を減らしていこうと考えた場合に、嫌だなと感じることがあればもう依存してしまっている可能性があります。

また飲まなければ寝れないのではないか、ずっとイライラした状態が続くかもしれない、などと考えてしまって依存してしまっている可能性もあります。

気持ちを落ち着けるために飲んでいたデパスが、デパスがないことで落ち着かないという状態になってしまうことは全く良くないことです。

このような状態になるまで使い続けていた場合、急に薬の服用を止めてしまうと体調不良などを感じることがあります。

代表的な離脱症状は以下のものがあります。

・幻覚が見える

・妄想が激しくなる

・痙攣して発作が起きる

・せん妄状態になる

・意思とは関係なく体が細かく震える

・より眠れなくなるなどが確認されています。

離脱症状が見られる状態になると、デパスを急に止めるのは難しいです。
そのため、使うのを止めたくなった場合は、使う量や回数を徐々に減らして離脱症状を軽くしていく必要があります。
離脱症状が見られなくなってきたらもっと減らしていくようにしましょう。

イライラしている時や不安な気持ちが目立つ時、眠れない時などに非常に便利なデパスですが、今回ご紹介したような依存や離脱症状が見られることもあります。
誰にでも起こるものではなく、使いすぎた場合や長く使いすぎた場合に起こるものです。

用法用量を守ることと、定期的に使うのではなく本当に困ったときのみの利用に絞ればあまり起こらないものです。

使い方さえ間違えず正しく使えば、本当に有り難い薬なので、その辺りは気を付けましょう。