うつ病についてわかりやすく解説|デパスの基礎知識

うつ病とは


うつ病とは、気分障害の一種です。気分の落ち込みや、意欲の低下、不眠や不安感などが主な症状として挙げられます。日本では、10~15人に1人の割合で発症するといわれている身近なとても病気です。別名では「心の風邪」とも呼ばれることもあります。
その中でも特に中高年や女性の発症率が高いとされています。またうつ病になる人が増えているその背景には「景気後退により社会的、経済的環境による影響」「インターネットの普及により働き方の変化」「うつ病について認識が広がった」「うつ病の診断基準が変わった」などが挙げられます。