ジェネリック医薬品とは

医薬品には先発医薬品と後発医薬品が存在します。

世間では先発薬品を「新薬」と呼び、後発医薬品を「ジェネリック医薬品」と呼びます。

一つの薬がこの世に誕生するには基礎研究から始まり、臨床試験を得て、厚生労働省へ認証許可を申請し、認可されたものだけが医薬品として世の中に出回るのですが、この期間は約10年~15年とされ、開発費用も約500億円かかるとされています。
これが先発医薬品(新薬)です。

開発された新薬には、開発者の権利や探険心の向上を守るために特許が設けられています。
特許期間は20年~25年で、この期間中は開発会社が該当医薬品を独占することが可能です。

そして特許期間が切れた後、開発会社以外の製薬会社が新薬と同じ有用成分で同じだけの用量を含み、同じ製造過程で製剤することができるようになります。

新薬をなぞらって製造しているため同一の有効性、作用、用法、用量ですが、異なる会社が製造しているので新薬とは異なる医薬品の扱いになり商標名も変わります。
これが後発医薬品(ジェネリック品)です。

ジェネリック医薬品はゾロとも呼ばれ、その特徴は、新薬と同等の作用がありながら開発費用が抑えられることから新薬と比べると薬価が3割程度安くなっているという点です。

患者の立場からすると、新薬よりもジェネリック医薬品を利用した方が医療負担がかからないのがメリットとしてあげられるでしょう。

ただし、先発医薬品と後発医薬品は100%同じというわけではなく、物によっては異なる添加剤が使用されています。
となれば有効性などの信頼が薄れるのではないか?
という意見もありますが、認証審査において新薬と比べたときに有効性や安全性に差が出ることはないように検査しています。
万が一違いがあれば審査には通りませんので、よって、異なる添加物が配合されていても新薬と同等であるという結果は変わりません。
処方に関しては医師に相談してください。

ただ、お得な医薬品なのでぜひ使いたいところですが需給率は15%程度ですので全ての先発医薬品に後発医薬品が存在しているわけではありません。

そのため、自身が服用している薬のジェネリック品があることが前提ですが、医師が出した処方箋の「後発医薬品への変更可能欄」にチェックがあれば、患者の意思で後発医薬品へ切り替えることができます。

医師の間でも後発医薬品を勧める例はあまり多くないので、希望するのなら自ら医師に相談してみるということも必要です。

ジェネリック医薬品がゾロと呼ばれる理由