ジェネリック医薬品とは|デパスの基礎知識

ジェネリック医薬品とは

医薬品には先発医薬品と後発医薬品が存在します。世間では先発薬品を「新薬」と呼び、後発医薬品を「ジェネリック医薬品」と呼びます。一つの薬がこの世に誕生するには基礎研究から始まり、臨床試験を得て、厚生労働省へ認証許可を申請し、認可されたものだけが医薬品として世の中に出回るのですが、この期間は約10年~15年とされ、開発費用も約500億円かかるとされています。これが先発医薬品(新薬)です。

開発された新薬には、開発者の権利や探険心の向上を守るために特許が設けられています。特許期間は20年~25年で、この期間中は開発会社が該当医薬品を独占することが可能です。
そして特許期間が切れた後、開発会社以外の製薬会社が新薬と同じ有用成分で同じだけの用量を含み、同じ製造過程で製剤することができるようになります。

新薬をなぞらって製造しているため同一の有効性、作用、用法、用量ですが、異なる会社が製造しているので新薬とは異なる医薬品の扱いになり商標名も変わります。
これが後発医薬品(ジェネリック品)です。

ジェネリック医薬品はゾロとも呼ばれ、その特徴は、新薬と同等の作用がありながら開発費用が抑えられることから新薬と比べると薬価が3割程度安くなっているという点です。
患者の立場からすると、新薬よりもジェネリック医薬品を利用した方が医療負担がかからないのがメリットとしてあげられるでしょう。

ただし、先発医薬品と後発医薬品は100%同じというわけではなく、物によっては異なる添加剤が使用されています。
となれば有効性などの信頼が薄れるのではないか?
という意見もありますが、認証審査において新薬と比べたときに有効性や安全性に差が出ることはないように検査しています。
万が一違いがあれば審査には通りませんので、よって、異なる添加物が配合されていても新薬と同等であるという結果は変わりません。処方に関しては医師に相談してください。

ただ、お得な医薬品なのでぜひ使いたいところですが需給率は15%程度ですので全ての先発医薬品に後発医薬品が存在しているわけではありません。
そのため、自身が服用している薬のジェネリック品があることが前提ですが、医師が出した処方箋の「後発医薬品への変更可能欄」にチェックがあれば、患者の意思で後発医薬品へ切り替えることができます。 医師の間でも後発医薬品を勧める例はあまり多くないので、希望するのなら自ら医師に相談してみるということも必要です。



■参考:ジェネリック医薬品がゾロと呼ばれる理由

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット


ジェネリック医薬品にはメリットとデメリットが存在しますので、それぞれ紹介します。


■メリット

<安い価格で購入することができる>
ジェネリック医薬品の一番のメリットとしてはやはり、安い価格で購入することができるという点ではないでしょうか。これは先発の医薬品に比べ開発費などが抑えられているためです。その薬価は、新薬の半額~7割程度と安く購入することが可能です。
またこちらのサイトでは今飲んでいる薬が先発品であった場合、ジェネリック医薬品に変更するとどのくらいの差額があるのか?試算できますので、興味がある方は試してみてください。
場合によってそこまで値段に差がない薬もありますが、ほとんどの場合先発品に比べジェネリック医薬品は安い値段での購入が可能です。



■参考:ジェネリック医薬品 検索・試算のGenecal(ジェネカル)



<飲みやすく改良されている>
ジェネリック医薬品は医師や薬剤師の意見を聞いて、飲みやすく改良されているものもあります。たとえば、錠剤が大きく飲みづらかった薬を小さく改良する。OD錠と呼ばれる口の中でサッと溶ける水なしでも飲める薬に改良したり、コーティングを施して苦味を軽減したり。
また半分に割って飲む場合を想定して、手で割りやすいように切れ込みが入っていたりなどです。
内服薬だけに限らず湿布薬であればよりフィルムを剥がしやすく改良したりなど様々です。
その他には、薬の安定性を高めたりなどジェネリック医薬品は様々な工夫、改良がなされています。またジェネリック医薬品を選択することで、社会全体の医療費削減につながるなど様々なメリットがあります。



■デメリット

<ジェネリック医薬品によって効果にばらつきがある>
ジェネリック医薬品は、薬によって効果にばらつきがある場合があります。また副作用やアレルギー反応が現れる可能性もあります。
これは製造しているメーカーによる違いや、配合されている添加物、形状の違いからその人に合わない、効かないということがおきてしまうことがあるからです。
そのため公立病院や薬剤師会が推奨している薬を選ぶことや、ネット上の口コミや字際に使った人の感想などを参考にすることが重要となります。
このようにジェネリック医薬品には沢山のメリットがあると同時にデメリットも存在します。よってジェネリックを選択の際には、その薬の特性を理解し、信頼のおける製薬会社の薬であること。また通販購入の場合には、信頼のおける通販サイトで購入することが大切です。



デパスのジェネリック


デパスは抗不安薬として非常に有名な薬です。非常に効果が高く、様々な症状に使えることもあり人気になっている薬です。 今回はそんなデパスのジェネリック医薬品について解説していこうと思います。

現在発売されているデパスのジェネリックは非常に数が多くなっています。数が多すぎてどれがデパスのジェネリック医薬品なのか分からないという声が増えてしまったので、名前がエチゾラム○○という風に統一されるようになりました。デパス○○ではなくエチゾラム○○となっているものがデパスのジェネリック医薬品なので間違えないようにしましょう。
デパスとデパスのジェネリック医薬品を比べるとジェネリック医薬品の値段はデパスの半分程度になっています。元々あまり高価なものではありませんが、より安くなっているので購入しやすくなっています。

気になるところとしてはやはり効果がちゃんと同じなのかどうかだと思います。答えから先に書いてしまうと効果はほとんど同じだと考えてしまって大丈夫です。同じ効果なら値段が安くなるはずがないと考えてしまいがちですが、ジェネリックは効果が劣るから安いわけではありません。安くなっている理由は開発するのに莫大なお金がかかったデパスと違い、デパスの成分と同じものを利用するだけで良いからです。
ジェネリックがしないといけないことはデパスと同じ効果と効能があるという試験をクリアすることだけなので、安い価格で販売が可能なのです。

しかし、実際にジェネリックに変更したら効果があまり感じられなくなったということも確認されています。なぜ効果が変わってしまうのかというと、主成分は同じですが添加物などが違うものが使われていることがあるからです。この添加物が影響して多少効果の出方が変わってしまうと言われています。
ただし、どのジェネリックが自分に合っているかどうかは使ってみないと分からないため一度合わなからといってジェネリック全て合わないと決めつけるのは止めましょう。
次にデパスのジェネリック医薬品はどのようなものがあるのか紹介します。



■デパスのジェネリック医薬品種類一覧

・エチゾラム錠「アメル」

・エチゾラム錠「ツルハラ」

・エチゾラム錠「トーワ」

・エチゾラム錠「日医工」

・エチゾラム錠「TCK」

・エチゾラム錠「オーハラ」

・エチゾラム錠「フジナガ」

・エチゾラム錠「日新」

・エチカーム錠

・エチゾラン錠

・デムナット錠

・ノンネルブ錠

・メディピース錠

・グペリース錠


以前まではジェネリック医薬品の名称は様々でした。しかし最近では名称を一般名(成分名)の「エチゾラム」+「メーカー名」 のようにして統一しようという流れとなってきており、より分かりやすくなっています。


デパスジェネリックは通販で購入がオススメ

デパス・ジェネリック

デパスはデパス自体もデパスのジェネリックもどちらも通販で購入が可能です。病院で購入するよりも値段も安く、通院の手間もかからないため通販で購入することをおすすめします。
購入する際は適当なサイトから購入するのではなく、信頼できるサイトから購入するようにしましょう。適当なサイトから購入してしまうとニセモノや粗悪品を購入してしまうこともあるため注意が必要です。デパスのジェネリック医薬品を購入するなら大手通販サイトのお薬なびがオススメです。



■エチラーム

0.5mg(100錠):2,700円~

1mg(100錠):4,950円~


エチラームの通販はこちら>>



追記:しかしデパスをはじめ成分にエチゾラムが使用されているものは、2016年9月14日より向精神薬指定となり通販では購入することが出来なくなりましたので注意してください。こちらの「デパスの代わりの薬一覧|その特徴と働き」ページでデパスと似た効果を持つ代わりの薬を紹介していますので併せて確認してみてください。



■ジェネリック医薬品の名前の由来

ジェネリック医薬品のジェネリックとは、英語でgeneric(一般的な)を意味する言葉です。欧米では一般名で薬を処方せんに記載することが多く、ジェネリック・ネーム(一般名)となり、日本でも後発医薬品のことをジェネリックと呼ぶようになったのです。


<例>
商品名:デパス
一般名:エチゾラム