心療内科受診のデメリット

精神疾患で心療内科を受診しているとどのようなデメリットがあるのか調べてみました。
精神的に辛い状態が続いていて、受診を考えている時は自分で薬を使うのとどちらが良いのかなどを比較してから選ぶと良いでしょう。では早速ご紹介していきます。

最大のデメリットとしては生命保険に入れなくなることだと思います。
しかもこのデメリットはあまり知られておらず、生命保険にいざ入ろうとした時に気付くという人も非常に多いと思います。
なぜ心療内科を受診してしまうと生命保険に入れなくなってしまうのかというと、精神疾患を患っていると他の病気になりやすいからなのです。
薬を飲むことが非常に多くなり、内蔵に負担がかかりますし、あまり出かけることもなくなるため体はどんどん弱くなっていきます。そうなってしまうため他の病気にかかりやすいのです。

また自殺をしてしまう可能性が高いことも理由の一つです。
なぜ自殺する可能性が高いと入れないかというと、自殺の理由が病気だと保険金を払う可能性が高くなってしまうからです。
保険会社も会社でやっているものなので、利益が出ない可能性が高いことはしないのです。

既に家庭を持っているような人であれば生命保険に入っている可能性は高いのですが、独身で精神疾患になるまで保険のことなんて考えていなかったという場合などに悩んでしまうでしょう。

ただ一度受診したからといってずっと生命保険に入れなくなる訳ではありません。
完治してから5年経ち、また病気になってしまうことがなく受診しなければ保険に入れるようになります。

ちなみに全ての保険に入れない訳ではなく、入れるものもあるのですが、保険金が高かったり支払いになるまでの条件が厳しかったりとあまりおすすめできるものではありません。
そのため社会に出た段階で保険に入っておくと良いでしょう。

その他に自分で薬を購入して対策していくという方法もあります。

どの薬を使えば良いのか分からないということも多いかもしれませんが、そもそも心療内科に行ったとしても病気が判明するまでに非常に時間がかかります。
この病気かな?というものに良い薬を使っていくことになるため、スグに効果が出る訳でもないのです。

現在であれば通販でデパスが購入できますし、時間をかけて通院する必要も昔と比べて少なくなっています。
受診して処方されるものがデパスだった場合、通販で購入しておいた方がメリットが非常に多くなります。
なので個人的にはすぐに受診するよりも先にデパスを試してみることをおすすめします。


通販サイトでデパス購入