セディールの効果|安全性の高い抗不安薬

セディールとは


セディールとは有効成分をタンドスピロンとする(セロトニン1A受容体部分作動薬)に分類される抗不安薬です。不安感に対して効果を持つ物質であるセロトニンを増やすことで症状を改善します。

この薬の特徴としては、これまでのベンゾジアゼピン系抗不安薬の欠点であった、依存性や耐性といったものがほとんど生じないということが挙げられます。

また副作用も現れにくく安全性が高い抗不安薬です。依存性や耐性、副作用が少ないという反面、その効果も穏やかに効いていくという特徴があります。

そのため、症状が重い方にはあまり向いていないともいえます。しかし抗不安薬を初めて使うという方や、安全に使いたいという方には、とてもオススメの薬となっています。





セロトニンとは


セロトニンについて説明したいと思います。セロトニンとは、三大神経伝達物質の1つです。
その他にはドーパミンやノルアドレナリンといったものがあります。精神や意欲に関する働きを持っています。

セロトニンが不足してしまうと「ボーっとしやすくなる、うつっぽくなる、パニックに陥りやすくなる」などとされ、うつ病を発症してしまう原因となるとされています。
セディールは、このセロトニンを増やす効果があるため不安やうつ症状を改善することが期待できるのです。



セディールの効果


セディールは、セロトニンを増やすことで不安な気持ちや、緊張感、ストレスなどを和らげることが出来る抗不安薬となっています。またセディールは主に不安感を改善する効果がありますが、それ以外の症状も改善することができます。



■セディールの効果がある症状一覧

・不安感や恐怖感

・自律神経失調症

・消化性潰瘍

・神経症からの抑うつ

・焦燥感

・睡眠障害

・本能性高血圧症


上記の症状にセディールは改善効果を期待することが出来ます。またこのことからも分かるとおり、抗不安効果があると同時にセディールは抗うつ効果も併せ持っています。

その抗うつ効果は軽いものなのですが、不安障害と軽いうつ症状も併発しているという方にセディールはオススメの薬だといえます。


セディールの強さはどのくらい?


その他の抗不安薬や抗うつ薬と比べセディールはどのくらいの強さなのでしょうか。現在最も多く処方されているであろうベンゾジアゼピン系の薬となどと比べると、セディールの効果は緩やかに効いていくため弱いとされています。

しかし効果が乏しい分、副作用が現れにくく、依存性耐性が生じないとされる安全性が高い薬です。

よって、まだ症状が軽い方。精神系の薬の依存性や耐性、副作用が怖いという方。他の抗不安薬を使用した際に副作用がひどく出てしまっている方。また高齢の方などには選択しやすい身体に優しい薬なのです。


セディールの通販について


セディールの通販について紹介する前に、デパスという抗不安薬について少し説明します。

デパスは抗不安作用だけではなく様々な症状に効果があります。不眠症やパニック障害、うつ症状などの心の病気の治療に使われる他に、けいれんを抑える効果や筋肉の緊張をほぐす効果もあるため、肩こりや腰痛を治療する薬としても処方されることがあります。

デパスはこのように精神科だけではなく、内科や外科などでも処方される万能な薬で、通販でも購入が可能でした。



デパスについての詳細はこちら>>


デパスの代わりの薬についてはこちら>>



しかし、デパスの有効成分であるエチゾラムが、2016年の9月14日付で向精神薬指定となり、それに伴いデパスは個人輸入が禁止となってしまいました。

そのため、現在通販では購入することが出来ません。このことから、デパスと似た働きを持ち通販購入が可能なセディールは、個人輸入禁止となったデパスの代わりの薬としても注目されています。

デパスの即効性を求める方には、あまり向いていない薬かもしれません。しかし、デパスと同じ抗不安薬であるということで、通販購入が不可となったデパスから乗り換える方も増えています。

また依存性や耐性がつきにくく、副作用も生じにくいという安全性の面からもデパスの代用薬として注目されている抗不安薬ともいえます。



セディール 10mg


セディール



■セディールの口コミ・評判

・軽いうつ病だったが、セディールを飲んで治すことができた。

・副作用や依存性が少なく継続して使えるのでセディールを選んだ。

・デパスが購入できなくなったので変わりに買った。効き目はちょうど良い。

・飲んでから睡眠の質が上がった自分に合っている薬だと思う。

・日中にぼーっとすることがなくなった。

・飲むと不安が和らいで夜も眠れるようになった。

・デパスの代替で買った。

通販での購入は処方せんが不要で、病院よりもかなり安い値段で購入することができます。
さらには診察代や交通費といったものも一切かかりません。よって経済的な負担を少しでも抑えたいという方にオススメです。

その他、購入したいと思った際に、いつでも注文が可能なことも通販の大きな特徴です。
よって、いそがしくてなかなか病院に行くことができないという人にもオススメな購入方法です。


セディールの通販はこちら>>



セディールの使用上の注意点(飲み方)


セディールの正しい服用方法や、服用する際の注意点などを紹介します。

セディールの服用方法としては、通常の場合、1日に30mgを3回に分けて服用します。

よって朝(10mg)、昼(10mg)、晩(10mg)と分けて飲むことが望ましいです。またセディールを1日に飲むことが出来る最大量は60mgまでとなっていますので、注意してください。

服用量を増やしていくという場合には、急に飲む量を増やすということはせず少しずつの増量していくことが望ましいです。



■セディールの飲み方まとめ

・30mgを1日3回に分けて飲む

・※最大限度量は60mgまで


また以下のような疾患を持つ方は、セディールの服用に注意が必要とされていますので確認してください。



■セディールの服用を注意する必要がある方

・心臓疾患を持っている方

・妊婦の方

・肝機能障害の方

・呼吸器疾患の方

・高齢者の方

・肝臓疾患の方


以下のような疾患を持つ方は、セディールの服用が禁止されていますので注意してください。



■セディールの服用が禁止されている方

・重症筋無力症の方

・重症の気管支喘息の方

・急性挟隅角緑内障の方

その他にもセディールを飲んだことがある方で、何らかのアレルギー症状があられた方。また現在、他の薬を服用している方などは、服用する前に医師や薬剤師などに相談してください。



セディールを飲み忘れてしまったら?


もしも、セディールを飲み忘れてしまったという場合にはどうしたらよいのでしょうか。

飲み忘れに気がついた場合には、すぐに1回分を服用するようにします。しかし、ここで注意しておかなければならないことがあります。

飲み忘れた分を飲んで良いのは、次回服用するまでに4時間を切っていない場合に限ります。

従って次回の服用時間が4時間以内であれば、飲み忘れた分は服用せずにそのまま次回の分量をそのまま飲んでください。1度に2回分を飲むということは絶対にしてはいけません。


セディールの副作用について


セディールは、安全性が高く副作用が起こりにくいとされており、あまり心配する必要はありません。

しかし決して副作用がないというわけではありません。セディールの副作用の症状としては、以下のようなものが報告されていますので紹介しておきたいと思います。


■セディールの副作用

・眠気・ふらつき・だるさ

・イライラ・食欲不振・吐き気

・かゆみ・発熱・発汗

・下痢・めまい・ふるえ

・興奮・不眠・混乱

・セロトニン症候群


セロトニン症候群について


セロトニン症候群とは、脳内のセロトニンの濃度が上昇し過剰になることで起きる症状です。症状としては大きく、神経・筋症状、自律神経症状、精神症状分けられます。


■神経・筋症状

・けいれん・ふるえ・硬直・反射亢進

■自律神経症状

・吐き気・高血圧・体温上昇・異常な発汗・心拍数の増加・下痢・緊張

■精神症状

・混乱・興奮・頭痛・昏睡


通常の服用では大量に摂取した場合や、他の薬やサプリメントなどとの併用時に副作用として起こるとされています。よって服用の際には用法用量を守り他の薬との飲みあわせにも注意する必要があります。


セディールの離脱症状や耐性について


紹介してきたとおりセディールは、長期間服用にすることによる離脱症状や耐性などは確認されていません。

しかしセディール以外の他の薬との併用することによって、相互作用で離脱症状が現れる危険性はあります。よってセディールに加えて他の薬も飲んでいるという場合には、その飲み合わせにも注意を払う必要があります。